諫山裕の仕事部屋〈blog〉

猫とSFと科学とMacintoshと写真とアートが好きなら……

ブログは新ブログへと移転しました。新記事は新ブログで書いています。

新ブログはコチラ→ http://isayama.info/

こちらの旧ブログは、近いうちに削除します。

ブログを仮移転

ブログを仮移転しました。

詳細は以下に。

諌山裕の仕事部屋

ブログを移転します

ブログの表示、復活(^_^)b」の一件もあって、ブログを移転する準備をしている。

isayama.infoのドメイン下で、独自のブログにする。

現在、Wordpressをベースに、カスタマイズしつつ、移植作業をしている。

なので、しばらくブログはお休み。

再開は、新しいブログにて(^_^)

ブログの表示、復活(^_^)b

 一昨日〜昨日まで、私のブログがアクセスできなくなっていた。

 原因はネームサーバーの設定を変えたから。
 ブログに使っているサブドメインの設定は、ドメインのレジストラ側で設定していたのだが、ネームサーバーが変わったことで、その設定が無効になったらしい。

 サーバー会社とレジストラ会社に問い合わせをしてみたら、サーバー側の設定でサブドメインを設定し直さないといけないことが判明。

 えーー、そうだっけ?
 以前にも、サーバーを移転しているのだが、そのときはレジストラ側の設定のまま使えていたと思うのだが……?
 そもそもこのブログをサブドメインのURLにするために、サブドメイン設定のできるレジストラを使っていた。といっても、もともとのレジストラ会社は運営権が2度変わっているので、いまは別の会社になっている。昔は、サブドメイン設定のできるレジストラが少なかったんだ。
 そのレジストラも、ほかのドメインのほとんどを管理している「お名前.com」に移管しようと思う。

 ともあれ、ドメインのDNSレコードの設定を変えると、反映されるのに数時間〜半日くらいかかるので、長い時間、アクセスできない状態だった。

 このブログは、Livedoorブログを使っているのだが、Livedoorという名前自体が過去の遺物的な感じ(^_^)b
 そろそろ自前でブログを運営しようかと思案中。
 引っ越しが大変なのだが……。
 2006年からやっているので、10年分のブログデータを移植するのは……、気が遠くなる。テキストはエクスポートできるが、画像関係は再リンクしないといけない。

 今回のことで、他所にブログを置いていると、やっかいなことが起きることの教訓になった。
 なんとか自前の環境に整えたいところ。

bbpressのメール通知の内容をカスタマイズする方法

 迷子ペットを探すための掲示板サイト『迷い猫.NET』をリニューアル中だ。
 ベースはWordpressで、フォーラム作成プラグインのbbpressを使っている。

 でまぁ、デフォルトのままだとあまりに無骨で、使い勝手が悪いから、いろいろとカスタマイズしているわけだ。
 こういう機能が欲しい、こういう表示にしたい……というのを、他のプラグインで補ったり、場合によってはphpのスクリプトをいじっている。
 なんとか形になってきたのだが、なかなか解決策が見つからなかった問題があった。

 それは、掲示板に投稿があったときに、メール通知をする機能があるのだが、デフォルトの設定だとなんとも味気ないメール通知になってしまう。
 複数の掲示板(bbpressの用語ではフォーラム)を設置していて、投稿や返信があるとメール通知が来るのだが、その投稿や返信がどの掲示板に対する投稿や返信なのかがわからない。
 自動送信なので、メールの定型文も、もうちょっとまともなものにしたい。

 送信スクリプトのところをいじればいいんだろうけど、文面を変える必要が生じたときに、いちいちスクリプトをいじるのも面倒だ。
 管理画面から、適宜変えられるようにならないものか?

 それに関する解決策を、誰かやっていないのか?
 ……と、ググってみても出てこない。
 単純にメール通知するだけプラグインはいくつかあるが、こちらの要求を満たしていない。

 そこで、bbpressのメール通知に関するプラグインを、片っ端からインストールして試すというローラー作戦を決行(^_^)b

 そして、とうとう見つけた!
 これだ。

bbPress Notify (No-Spam)
bbPress Notify (No Spam) — WordPress Plugins

▼設定画面
bbPress Notify (No-Spam)

 ショートコードを加えることで、掲示板名(フォーラム名)を加えられるし、定型文も自由に適宜変更できる。
 こちらの要求をすべて満たしてくれている。

 ちなみに、「Encode Topic and Reply Subject line」の項目が、デフォルトは「Encode Subject line using UTF-8.」になっているが、これだとメールの件名部分が文字化けする(メールソフトの環境による)。なので、チェックは外す。
 また、「E-mail Type」は「Plain Text」だと、本文が文字化けする場合があるようなので「HTML」にしておく。

 このプラグインについて詳しく触れている日本語記事は見つけられなかったので、忘備録としてここに記しておく。
 私と同じような問題にぶつかっている人には、よい解決方法だと思う。

【追記】
 bbPress Notify (No-Spam)を使用すると、bbpressにデフォルトで用意されているチェックボックス付のメール通知機能でも通知メールが送られてしまうので、2重にメールが届いてしまう。
 なので、form-topic.phpform-reply.phpから、メール送信に関する記述を削除してもいい。削除しても、bbPress Notify (No-Spam)からメール通知はしてくれる。

地球外生命体による電波か?

 広大な宇宙には無数の銀河があり、ひとつの銀河系には数千億の恒星があり、その恒星には惑星がある。恒星には小さなものから巨大なものまであるが、それぞれの恒星系で生命が存在できるであろうハビタブルゾーンがあり、そこに惑星や衛星があれば生命の可能性がある。
 私たちの太陽系内では、まだ地球以外での生命は発見されていないが、エウロパやかつての火星には生命は存在している(いた)可能性が高まっている。
 おそらく、生命の誕生は星の生成と成長過程での必然なのではと思う。
 その生命が、文明を築くほどの進化を遂げる確率は低くなるだろうが、星の数はあまりにも膨大なので、1億分の1だとしても、天の川銀河の中には知的生命体の存在する恒星系の数は2000個はあることになる。
 文明を築くほどのレベルであれば、通信手段として電波を使うだろう。人類がそうであるように。その電波が届いているかもしれない……という前提で、地球外知的生命を探そうとしている。
 その兆候を見つけたという研究発表があったそうだ。

遠い星から届く奇妙なメッセージは「おそらく宇宙人からのもの」と科学者が論文で発表 - GIGAZINE
人知をはるかに超え、無限の広さを持つとも言われる宇宙について人間はまだまだ知らないことが多すぎるといえます。その中には、地球以外の惑星における知的生命体の存在が含まれているのですが、カナダのケベックにあるラヴァル大学の研究チームは、深宇宙から届いた数々の不可思議な電波を分析して、「おそらく地球外生命体によって発信されたものだ」とする論文を発表しました。

Strange messages coming from the stars are ‘probably’ from aliens, scientists say | The Independent
http://www.independent.co.uk/news/science/aliens-proof-evidence-facts-stars-scientists-extraterrestrial-life-et-intelligence-a7377716.html

論文を発表したのは、ラヴァル大学で研究を行っているErmanno F. Borra氏とEric Trottier氏です。両名は宇宙から届く電波の研究の中で、特に地球から遠く離れた深宇宙から飛んでくる電波をフーリエ変換して調査したところ、特殊な変調が見られることを発見。その特異な変調パターンから、これらが地球外知的生命体によって発された存在を知らせるための電波である可能性があるとしています。

 問題は、その信号を解読できるかどうかだね。
 起源がまったく異なる知的生命体の、未知の言語を解読するのはかなり困難。数学は宇宙共通……という考え方もあるのだが、それすらも人類の思考パターンやロジックに依拠している。10進法や2進法などで記述される数学でも、未知の種族が数学を別の表現で形にしていたら、我々には理解できない。逆もしかり。

 ラジオ放送の初めての実験は1900年なので、116年前。そのときの電波が宇宙空間に飛んでいたとしても、まだ116光年しか届いていない。もっとも、このとき使用された火花式送信機は出力が弱く、遠距離には届かなかったので宇宙空間にまでは達していない。
 本格的なラジオ放送は1920年代からだが、100光年先で受信することはほぼ不可能だろう。現在では、様々な周波数で電波が飛び交っているが、それらが他の恒星系で受信されることがあるだろうか?
 かすかに届いていたとして、そこから意味あるメッセージを解読できるとは思えない。

 「地球から遠く離れた深宇宙から飛んでくる電波」というのが、何光年先なのか書かれていないが、距離は重要だろう。あまりに遠いと、発信源の電波はかなり強力でないと届かないからだ。
 また、日本語記事には書かれていないが、この論文の対象となった恒星は、恒星のスペクトルが「K1〜F2スペクトルの太陽型恒星で234個から発見された」とソース元には記されている。
 さらに、「銀河ハローにおける非常に独特の化学組成に起因する可能性もあり」という可能性も示唆されている。
 なかなかに興味深いのだが、自然現象の可能性が高い気がする。というのも、地球においてすら、もっぱら受信することに精力を注いでいて、こちらから大出力の電波をどこかの恒星系に向けて積極的に発信しているわけではないからだ。

 知的生命体は宇宙のどこかにはいる。それは間違いない。なぜなら、私たち人類が存在しているからだ。
 銀河の数は、最近、2兆個と推定され直した。

CNN.co.jp : NASA、銀河の数を2兆個と発表 従来推定の10倍に
米航空宇宙局(NASA)は13日、観測可能な宇宙の範囲内にある銀河の数は2兆個と、これまで推定されてきた数の10倍に上ると発表した。英ノッティンガム大学の研究チームが数学モデルを駆使し、現在の望遠鏡では見ることのできない銀河の数も含め算出した。

 2兆個の銀河×2000億の恒星=4*10の23乗=4000垓(がい)
 人類の存在の確率が、1/4000垓というのはほとんどゼロ(不可能)に近いことになってしまう。
 おそらく、どんな恒星系でも惑星をもっていれば、バクテリアのレベルだとしても生命は存在するだろうし、生命は誕生したら進化するだろう。その進化がどこまで進むかは、生存環境がどれだけ安定しているかに左右される。地球ですら、全球凍結や恐竜絶滅の決定打となった小惑星の衝突などを経て、人類にまで辿り着いている。
 宇宙の隣人は、どこかにいる。
 ただ、それが電波を観測することで見つかるかどうかは、また別の問題。
アクセス数(UU)
昨日⇒  本日⇒
累計⇒
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
諌山宛のメッセージ
ブログ内検索
Google


WWW を検索
blog.isayama.info を検索
Amazonで検索
Recent Comments
Archives(過去記事)
@Yutaka_Isayama
諌山裕の電子ブック
デビルライン〈SF短編集〉
諌山 裕

サイバーガール
諌山 裕

エターナル・ラヴ
諌山 裕

メタル/ハードロック
Amazon〜SF関係アイテム
アニメ関係
カメラ関係
PCソフト関係
楽天市場