諫山裕の仕事部屋〈blog〉

猫とSFと科学とMacintoshと写真とアートが好きなら……

グラフィックデザイン、写真、2D&3Dアートを生業とする諫山裕のブログ。タイトルバックの画像(写真 or CGイラスト)は、私の作品。
※コメント、トラックバックは承認制です。

中古車と「合成の誤謬(ごびゅう)」の関係

 「中古車で十分」……誰もがそう思ってしまうと、経済がますます悪化してしまうという。
 「風が吹けば桶屋が儲かる」の逆で、「風が吹かないと桶屋がつぶれる」みたいな話。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:「中古車で十分」の先に起こる日本の不幸化 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン
 「新車なんて買えない。中古車で十分だ」

 それは、日々生きていく中で、高いリアリティを持つ言葉だと思う。正直な話、筆者も個人的に同感なのだ。中古車で十分。というより、それがベターな選択肢だと思う。何よりもない袖は振れない。選択肢がないのだから仕方がない。

(中略)

 しかし、実態としてその成功率がどんなものかと言えば、起業1年後の生存率が40%。5年後は15%。10年後は6%。20年後になるとわずか0.3%に過ぎないと言われている。実はこの数字、国税庁の2005年調査だということであちこちで引用されているが、元ソースがどうやっても見つからない。筆者も散々探したが、同じように困っている人が見つかるのみだ。

 記事の筆者がソースを辿れなかったという「企業生存率」の数字だが、引用されているブログ等を辿ると、広く引用されるようになったのは以下の記事が2次ソースになっているようだ。

【図解】人生の大問題:あなたの人生にかかわる衝撃的事実リスト【お金と資産運用編】 - ITmedia エンタープライズ
 国税庁(2005年調べ)によれば、日本の全法人数約255万社のうち、設立5年で約85%の企業が消え、10年以上存続できる企業は6.3%。設立20年続く会社は0.3%だそうです。

 この記事が、2012年01月06日付。
 ここに出ているのは、書籍の「人生の大問題を図解する! 永田 豊志 (著)」(2011年12月刊)からの引用となっている。この書籍のデータそのものも、どこかからの引用のようだ。
 もっと古い引用を辿ると……

2008年01月15日のアーカイブ | ディマージシェア 大内慎の社長ブログ
国税庁(2005年)によれば日本の全法人数約255万社の内、
設立5年で約85%の企業が消え、
10年以上存続出来る企業は、6.3%になるそうです。。。

 こちらの記事は、2008年01月15日付で、現在調べられる限りでは、もっとも古そう。
 大内氏のブログと、冒頭記事の池田氏の記事とでは、10年後の数字が微妙に違う。他のブログで、別の引用元へのリンクもあったが、すでにサーバーが存在していなかったりする。
 引用を繰り返しているうちに、内容が脱落したり数字が変わったりしていると思われる。
 国税庁にそのようなデータが見当たらないことから、すでに削除されたか、最初に引用した人が間違ったのか、データを読み違えたのか……ちょっとしたミステリーだね。

 別のデータでこんなのもある。調査年は同じ2005年だが、製造業に限定したデータ。

第2節 事業の存続・倒産と再生
第1-2-22図 開業後の経過年数と事業所の生存率
〜バブル崩壊以降低下してきた生存率も、2002年を底に上昇する兆しも見られる〜
開業後の経過年数と事業所の生存率

 ちなみに、最新版(2015年)の「中小企業白書」では、企業生存率についてのデータはなかった。

 一言に法人といってもピンキリで、個人商店でも法人化しているところもあるし、従業員が数百人〜数万人の企業もある。「起業1年後の生存率が40%」というのも、従業員が5人以下のような零細法人であればありうるかもしれない。
 ひところブーム的な現象となったベンチャー企業は、2000年前後にたくさん出現していたので、調査年が2005年であれば、ベンチャー企業ブームの影響で潰れた法人が多かったとも想像できる。
 ここ最近は起業の件数がそれほど多くないと思われるので、生存率は上がっているようにも思う。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:「中古車で十分」の先に起こる日本の不幸化 (2/4) - ITmedia ビジネスオンライン
 さて、節約は堅実な戦法であるとして、皆でやるとどうなるだろうか? 経済の世界には「合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)」という言葉がある。部分の最適化が全体最適と相容れないケースの話だ。

(中略)

財の生産装置としての自動車メーカーを健全に維持していくためにはコンスタントな需要があることが理想なのだ。働いている人だって「来年給料を倍払うから今年は無給で働いてくれ」と言われたら干上がってしまう。企業も同じだ。

 「合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)」という言葉は知らなかった。勉強になるなー。
 似たような記事があった。

お店が無くなる理由|ワイングラスのむこう側|林伸次|cakes(ケイクス)
「老舗の○○がついに閉店」とかいう報道があると、必ずツイッターやフェイスブックで「え? すごく残念! あの名店がなくなるなんて!」なんて言う人が出てくるんですね。

そういう人たちを見ると、「それはあなたがそのお店に行かないからです」といつも伝えたくなります。本当にそのお店が魅力的なお店で、みんなが普通に利用していたら、そのお店は閉店するはずがないんです。

 これも合成の誤謬の一例なんだろう。一度だけ行って、リピートしなければ客足は減るばかり。
 うちの近所でも、飲食店は入れ替わりが早い。新しい店ができると、たいてい一度は足を運ぶ。満足感の得られる料理であれば、リピーターとして何度も行くが、可もなく不可もなくだと二度目はない。
 一度目に食べに行ったとき、
「この店、1年、もたないな」
 と直感することがある。リピートしたいと思えない味だったからだ。そういう店は、案の定、長続きしない。
 飲食店は固定客がつかないと難しいね。

 自動車に関していえば、売りっぱなしで終わる販売方法に問題があるように思う。
 製造者から消費者への一方通行だけで終わっているため、常に新車を売らないといけない。高価な買い物である自動車は、そうそう何度も買い換えられるものでもない。地方では「足」としての車は必需品だが、「足」になれば中古車でもいいわけで、新車である必然性は乏しい。
 中古車が流通していても、自動車メーカーには1銭も入らないわけで、機会損失をしていることになる。
 新車でも中古車でも、自動車メーカーに継続的な利益が出るようなエコシステムを作る必要があるのではないか?

 たとえば、Apple。
 iMacやiPhoneのハードは売りっぱなしだが、App StoreやiTunes Storeでアプリや音楽などを売ることで継続的な利益を生んでいる。iMacやiPhoneを中古で買っても、アプリストアでAppleには収益がもたらされる。じつにいいシステムだ。ハードを売るだけのPCメーカーだったら、Appleは生き残っていなかったと思う。

 ひとつの方法としては、自動車をデバイスと考え、そこを起点としたサービスを提供するエコシステムを構築する。中古車として売られても、メーカーからのサービスを受けられるような契約を用意すればいい。どういうサービスが可能なのかは、メーカーが考えて欲しい(^_^)。
 いっそのこと、販売ではなくリース中心でもいいのでは?
 車をキャッシュで買う人は少ないと思うが、ローンを組むにしてもけっこうな負担だ。現在でもリースはあるのだが、ファイナンス会社が主導しているケースが多く、メーカーが積極的に取り組んでいるところは少ない。そのリース料は、ローンよりも多少は安くはなるが、格段に安いわけでもない。
 このリースとメーカーならではのサービスを合わせれば、既存のリース会社との差別化もできる。
 飛行機に乗るとマイルが貯まるが、車も走れば走るだけマイルのようなポイントが貯まって、メーカーサービスやなにかの商品と交換できるとか、そういうのがあってもいいのでは?
 車を売るだけのビジネスは、そろそろ限界だと思うよ。

 近い将来の車の技術といえば、「自動運転」だ。
 この分野では、自動車メーカーではなくGoogleが数歩先を行っている。自動運転のソフトウエアをGoogleが自動車メーカーに提供するとなると、Googleは車を売らなくても車で収益を上げられることになる。中古車でも自動運転のためのアタッチメントをつけることで、自動運転が可能になれば、中古車でもGoogleは収益を見込める。
 Googleのことだから、ただ単に自動運転させるのではなく、車を媒体として付加価値のあるサービスを提供するのだろう。
 スマホの次に来るデバイスとして、メガネ型、腕時計型、指輪型などのウェアラブルデバイスが話題になったりするが、どれも決め手を欠いている。
 身につけられるものとして、小さなものをデバイス化しようとしているのだが、逆に大きなものとして車はアリかもね。
 スマートカーだから、「スマカ」とでもいわれるのだろうか。
 近未来の自動車を革新するのは、Googleなのかもしれない。

英首相候補とG7を絡めた風刺画

 大馬鹿野郎はどっちだ?(笑)

民進・山井氏、英風刺画を捏造?英首相候補の絵を安倍首相と決めつけ「大馬鹿」と批判:イザ!
 風刺画は、葛飾北斎の富嶽三十六景(神奈川沖浪裏)の大きな波を、英保守党の次期首相候補とされるボリス・ジョンソン前ロンドン市長に模した絵だった。乱れた髪が特徴的なジョンソン氏と波頭を重ねあわせ、同氏が大きな口を開けた様子を描き、近くで船に乗ったキャメロン英首相とみられる人物が「あの“愚か者”から逃げた方がいい」という趣旨の発言をしていることを表現した。

(中略)

 ところが、山井氏は30日の会合で、風刺画を掲げて「ここにも描いてあるように、安倍さんの顔で日本の津波からG7の首脳の方々が『あの大馬鹿野郎から逃げようぜ、逃げたほうがいいよ』と。つまり、安倍首相が国内で国民に言っていることは『捏造(ねつぞう)なんじゃないの?』ということだ」と決めつけて発言した。

(中略)

「こんなのが英国を代表する高級紙に掲載されたのだとしたら国辱ものだ」と記し、安倍首相への批判という前提で紹介した。

 その風刺画は、Peter Brookes ‏@BrookesTimesのTwitterにある。
So good to get away from that bloody idiot!

 見ればわかることだが、これは英首相候補を皮肉っている風刺画だ。
 どこをどう見ると、「安倍首相への批判」に見えるのか?
 たしかに、安倍首相らしき人物が船の右から2人目にいるが、G7の首脳たちと一緒に逃げている。なにから逃げているかといえば、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長からだ。
 批判の矛先が違うだろうが(^_^)。

 山井氏は眼の検査か、脳の検査をした方がよいと思う。
 なにか深刻な疾患があるかもしれない。
 早期発見、早期治療が大事ですよ。

火星の最接近……迫る火星(^_^)

 数字の桁が違うことで、とんでもない記事になってしまう例。

5倍サイズ「火星」 地球に31日に最接近! 観察のポイントは? | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト
火星は太陽の周りを楕円軌道で周回しており、地球からの距離は常に変化しています。地球と火星が最接近するタイミングは2年2ヶ月おきに発生し、今回の7,528万kmはその中でも近めの「中接近」です。なお、次回の最接近は2018年の7月31日で、さらに近い5,759kmまで接近します。

 いや〜、すごいなー(爆笑)

5,759kmまで接近

 「万」が抜けているのだが、東京→ホノルル間が約6200kmなので、そのくらいの近さだ。
 そこまで接近したら、空に見える火星は巨大だろうなー。
 それをイメージしてみると、以下のようになる。

▼新宿高層ビル群にうかぶ火星
新宿高層ビル+火星

 いいなー(^_^)
 絶景だ!
 ぜひ、見てみたいものだ。

(注)私が撮影した新宿の夜景に、火星を合成したもの。

【サッカー】日本選手のスピードが遅いのはなぜか

 U23はトゥーロン国際で、ギニアに勝利したものの予選リーグ敗退した。
 国際経験の不足が露呈した感じだが、見ていて思うのは「遅い」ということ。
 判断が遅い、反応が遅い、パススピードが遅い、攻めが遅い……と、遅いことばかりが目につく。
 シュートを打つタイミングも、ワンテンポ遅いために、打ち切れなかったり、ブロックされたりしてしまっている。枠に飛ばないシュートも問題ではあるが、まだ打てているだけマシ。もっと問題なのは、シュートを打てずに終わってしまうことが多いことだ。
 アジアでは優勝できたが、世界基準のスピードについていけないようでは、オリンピックでの戦いはかなり厳しいと思う。

 パラグアイ戦後の原川選手のコメントでは……

ほぼ10代のパラグアイに惨敗 原因は試合経験不足? U-23の致命的弱点 - ライブドアニュース
「(パラグアイは)たいして強いとは感じなかったが、賢さがあった。(日本が)ボールを持ってチャンスを作るなかで、向こうはミスを狙っていた。その抜け目のなさは、Jリーグでは感じられないものだった」

 「抜け目のなさ」というよりは、ヌルいスピードでプレイしているから、相手にしてみたら奪いやすいということだと思う。
 Jリーグの試合を見ていると、ゆるくて丁寧なパスが普通に通るので、その感覚が染みついているのだろう。まるで、パスは通してあげるのが礼儀といわんばかりに、ガツガツ奪い行くことは少ない。全体的にゆったりと試合は進むので、野球の表と裏みたいな攻守がはっきり分かれた展開だったりする。
 ブンデスリーガやプレミアリーグを見ていると、ビデオを2倍速で再生しているかのようなスピードで展開する。
 ビシッ! バシッ! ズドンッ!……と、効果音の書き文字を入れたくなる。
 あのスピード感のあるサッカーを見ていると、Jリーグのサッカーはルールが違うのか?と思ってしまう。

 A代表のキリンカップのメンバーが発表され、ハリルホジッチ監督が苦言を呈していた。

ハリル監督、国内組に“毒”演会「スピードが違う」「このままでは手遅れだ」 : スポーツ報知
 代表メンバーのリストを手にしたハリル監督のテンションがどんどん上がっていった。1時間半に及ぼうかという独演会。その怒りの矛先は国内組へと向けられた。「Jリーグを見た後、家で海外の試合を見てください。戦う意識、プレーのスピードが違う。バイクに乗っている人とフェラーリぐらいの違いがある」。独特の表現で欧州と日本の差を表現した。

 Jリーグと欧州リーグの試合を見ている人が、みんな感じていることだね。
 バイクはバイクでも、HONDA CB1300 SUPER FOURクラスなら、最高速で200km/h以上は出せるから、フェラーリと条件次第では有利に戦える。
 「スピード」といっているのだが、それは走るスピードではなくて、プレイのスピードのこと。単純に走るだけなら、足の速い選手は日本にもいる。
 プレイのスピードとは、言い換えるなら「リズム感」だ。
 ドリブル、パス、シュートなどの動作を行うときの、リズム感。日本の選手は、ワンテンポ遅い。それは時間にしたら、数ミリセカンドのわずかな差だが、そのタイミングのズレによって、パスがカットされたり、ボールを奪われたり、シュートタイミングを逃すことになっている。

 リズム感は、日々の生活の中で培われるものだ。
 もっというと、言語にも関係している。日本語は文字すると、漢字を含むため少ない文字数で多くの情報を内包できる特徴を持っているが、発音する「音」としても少ないのでテンポの遅い発話だ。
 日本人が英語を聞き取るのが苦手なのは、1語に含まれる「音」が多くて区別できないからでもある。
 たとえば「国際」という単語であれば、日本語は「こくさい」と4つの音なので口の動きは4回だけ。英語では「International」で、音節が「in・ter・na・tion・al 」、発音記号では「inṭɚnˈaʃ(ə)nəl」と、口の動きは9〜10回くらい動かすことになる。1語の発話時間としてはほぼ同じでも、刻むリズムがぜんぜん違う。こういう日常がリズム感の違いになってくる。

 その傾向は、音楽で顕著だ。
 日本の歌は、基本的に1つの音符に1つの「音」を乗せる。英語の歌は、1つの音符に1語を乗せることもあるため、楽譜だけでは表現できない「音」が含まれる。
【例】Let it Be(The Beatles)
Let it be楽譜

【例】365日の紙飛行機(AKB 48)
365日の紙飛行機-楽譜

「365日の紙飛行機」で……
あさのそら……と、5つの音符に5つの音だが、
「Let it Be」では……
When I find myself……で、発音をカタカナ表記すると「フェナイファイセル」と、日本語感覚ではかなり詰まっている。
 曲のテンポ的には似ているが、音の刻み方は英語の方が細かい。単語によって刻み方が違うので、変則的なリズム感になる。
 余談だが、昔の英語教科書では、カタカナ表記は実際の発音を無視した表記をしていた。「フェン アイ ファインド マイセルフ」というのが昔風、最近では発音に近い表記で、ほとんど発声しない部分は省略するか小さく表記するので「フェナイファイセル」となる。
 この言語のリズム感は、ドイツ語、フランス語、スペイン語などでも同様だ。
 私はロック系の洋楽ばかりを聴くが、こういうリズム感の違いは、リズム楽器であるドラムやベースの変則的なリズム進行に顕著に出てくる。そこが好きなのだが、日本の楽曲にはそれが少ない。
 日本人選手が、欧州の選手についていけないのは、リズム感の違いが大きいと思う。

 野球の日本代表がWBCで世界一になれたのは、リズム感が日本人に合っているからでもあった。
 ピッチャーはバッターがちゃんと構えるまで投げないし、守備はバッターがスイングして「カキーン」と打ってから、「用意ドンッ」で捕球して投げる。盗塁は走ってもいい場面は定められているし、タッチアップで走るときも捕球してからでないと走れない。タイミングを合わせることが前提なので、日本人のリズムに合っているわけだ。
 サッカーは常に流動的で、コーナーキックやフリーキックのように「用意ドンッ」の場面は限られている。
 しかし、Jリーグのサッカーは、静と動がはっきりと分かれる野球的な展開になっていることがある。日本人のリズムになってしまっているんだ。

 海外で活躍している、香川、本田、岡崎といった選手たちは、長く海外選手たちとやっていることもあって、リズム感が欧州化していると思う。好調時の香川選手の反応の良さやリズム感は、日本人離れしている。だから、通用する。
 日本代表の中で香川が本領を発揮できないのは、周りの選手たちのリズム感が香川と合わないからだと思う。海外組は合うのだが、国内組が香川のリズムについていけない。U23の選手たちが、パラグアイやポルトガルの選手たちについていけなかったように、日本代表のチーム内でも海外組と国内組のリズム感が合っていないんだ。
 結果として、海外組が国内組のリズムに合わせてしまうため、遅攻になっているように思う。速い方に合わせるよりも、遅い方に合わせる方が容易だからだ。

 この「スピード感を速く」という問題は、簡単には解決できない。
 日本人同士が大部分のJリーグでは、妙な暗黙の了解みたいなのがあるようで、無理なプレイはしない傾向にある。一種の同調圧力だが、ケガをしないように、ケガをさせないように、ファウルはしないように……という、自覚されていないブレーキが働いているように思う。
 レギュラーの半分以上が外国人、というような状況になれば変わるだろうが、なかなかそれも難しい。
 サッカーのリズム感については、過去記事でも書いた。

諫山裕の仕事部屋〈blog〉 : 【サッカー】ブラジル戦で見えた日本代表の本質
 ブラジル戦を見ていて感じたことは、リズム感が違うということだった。
 日本人選手も、一瞬のダッシュや素早いパスはできる。しかし、ボールを保持しながら、相手を翻弄するステップを踏み、何度も切り返し、なおかつ前に走る……といった連動ができない。ネイマールがすごいのは、その一連の動作を軽やかなリズムでこなしていることだ。
 日本は、そのリズムについていけない。
 音楽にたとえれば、日本人は4ビートで、ブラジル選手は16ビートだ。つまり、サンバのリズムなのだ。サンバは厳密には4ビートだが、打楽器中心の音楽なので、1ビートを4拍で刻むため、実質的な16ビートとなりリズミカルな曲になる。
 演歌の日本人とサンバのブラジル人……という感覚かな。
 あのリズム感は、育った環境の違いでもあるので、その差はおいそれとは埋まらない。リズム感は生活の中にも反映されるから、普段の生活から16ビートに馴染まないと、ネイマールとダンスは踊れない(笑)。
 日本選手が遅いのは動きのスピードではなく、動きのリズム感なんだ。
 これを改善しようと思ったら、日頃聞いている音楽から変えなきゃダメだと思う。選手は移動中にイヤホンで音楽を聴いている人が多いが、その耳に響いている音楽はなんなのか? 演歌じゃだめだし、AKBでもだめ。日本の曲の多くは、スローテンポな4ビートなので、大部分はリズム感が遅くなってしまう。洋楽ROCKのメタル系なんかだと、かなり早いリズムのものがある。そういうのを聞いて、リズム感を養うことから始めなきゃいけない気がする。

 まぁ、そういうこと(^_^)。

 オリンピックは楽しみにしているが、日本チームが初戦に勝つのは、かなり厳しいだろうね。
 初戦に負けると、ズルズルと負けてしまうと思うので、いかに初戦の壁を乗り越えるか。
 運も影響するが、幸運を願うことしかできないのが悲しいところ。
 ともあれ、応援はする。
 がんばってくれ。

原子力規制委は10万年後まで責任を持つのか?

 原子力規制委がすごい提言をした。
 なんと、10万年後まで責任を求めるという。

原子力規制委:低レベル放射性廃棄物、10万年後まで埋設 - 毎日新聞
 対象は低レベル廃棄物のうち、原子炉内の核燃料近くの部品など汚染度が高い廃棄物。方針では事業者が廃棄物を管理する期間は、埋設から300〜400年程度と想定。その間は、放射性物質が地下水に漏れ出ていないかを定期的に監視することを求める。

 その後も人間が近付かないよう、国は周辺の掘削を制限する制度を設け、少なくとも10万年間は火山や活断層などで大きな影響が及ぶ恐れがない場所に埋設することも求める。

 現実離れした提言だね。
 300〜400年先まで定期的に監視するのも難しいが、10万年先まで考慮に入れろという。

 もう、笑うしかない。

 現在から300〜400年前は、江戸時代初期。
 工学技術が現在よりは劣っていたとはいえ、当時の人工物が使用可能な状態で残っているものは少ない。放射性廃棄物を入れる容器や施設の耐用年数が、300〜400年などという時間スケールを保証するものは、現在でもないだろう。いったい、どういう技術で300〜400年も保つ保管所を造るのだろうか?

 まして、10万年だ!

 おいおい、10万年後まで人類が存在しているかどうかも怪しい(^_^)b
 10万年前というと……

地球史年表 - Wikipedia
約10万年前 - 現代人(ホモ・サピエンス)がアフリカを出て世界各地に拡がった(アフリカ単一起源説を裏付けるもの。7万年前との説(後述)もある。ミトコンドリアDNAの分析では、現代人の共通祖先の分岐年代は14万3000年前±1万8000年である。

 まだ、ヨーロッパ人もアジア人も、日本人も存在してなかった時代だぞ。
 10万年後は、日本人が存在していないかもしれないし、日本列島そのものも地殻変動で大きく変わっているだろう。日本人が滅びるということではなく、混血が進んで現在の日本人とは変わっているかもしれないという意味。人類文明が存続しているとしても、国家としての線引きも変わっているだろう。
 10万年の時間があれば、M9クラスの大地震が、日本各地で数十回は起きるよ。1000年周期としても100回、1万年周期でも10回だから、日本のどこに埋めようが、放射性廃棄物保管場所が壊滅的な打撃を受けることは必至。
 そんな先のことまで考えて、放射性廃棄物の埋設場所を選定するなど、不可能だね。

 早い話、「原子力規制委は放射性廃棄物の処理についてサジを投げた」ということか?

 超楽観的な想像をするのなら、10万年前に原初のホモサピエンスがアフリカを出たように、10万年後は地球人が太陽系を出て行く時代かもしれない。
 それなら、地球を捨てていってもいいけどね。
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
諌山宛のメッセージ
ブログ内検索
Google


WWW を検索
blog.isayama.info を検索
Amazonで検索
Recent Comments
Archives(過去記事)
@Yutaka_Isayama
諌山裕の電子ブック
デビルライン〈SF短編集〉
諌山 裕

サイバーガール
諌山 裕

エターナル・ラヴ
諌山 裕

メタル/ハードロック
Amazon〜SF関係アイテム
アニメ関係
カメラ関係
PCソフト関係
楽天市場