諫山裕の仕事部屋〈blog〉

猫とSFと科学とMacintoshと写真とアートが好きなら……

グラフィックデザイン、写真、2D&3Dアートを生業とする諫山裕のブログ。タイトルバックの画像(写真 or CGイラスト)は、私の作品。

タイトルバックは、私の鉱物コレクションより、金(Gold)の母岩付標本。 金というと、金貨や宝飾品をイメージすると思うが、自然の中で結晶として出てくるときは、こういう様子である。
コメント、トラックバックは承認制です。

受動喫煙のリスクをいうなら、飲酒のリスクも同列に

 タバコの受動喫煙に関する販売元であるJTの発言に対し、国立がんセンターが異例の反論をしたという。

受動喫煙:国立がんセンター 異例の反論文 - 毎日新聞
JTの肺がんリスク疑問視に対し

 他人のたばこの煙を吸う受動喫煙を巡り、国立がん研究センターが28日、ウェブサイトで「肺がんのリスクを高める」との研究結果を疑問視するコメントを出したJTに対して「リスクは科学的に明確な結論」とする見解を公表した。国の研究機関が一企業のコメントに反論するのは異例だ。

 研究結果は同センターが8月31日に公表。国内の9本の論文を統合して解析し、家庭内で受動喫煙がある人は、ない人に比べて肺がんになるリスクが1.3倍高いという内容で、受動喫煙の肺がんに対するリスクは「確実」と結論づけた。

 これに対し、JTは同日付で「いずれの研究も統計学的に有意でない結果を統合したもの」「科学的に説得力のある形で結論づけられていない」などとする社長名のコメントを載せた。

 同センターはこれに反論する形で長文の見解をサイトに掲載し「科学的アプローチに十分な理解がされていない」「リスクは明確に立証されており、世界共通の問題」などと指摘。「たばこの煙にさらされることは、人々の健康に危害を与えることだと、社会全体に強く認識されるべきだ」と主張した。

 言わんとすることはわかる。
 受動喫煙が健康リスクを高めることは確かだろう。
 だが、ちょっと待て。
 それを言うなら、自動車の排気ガスだって肺がんリスクを高めるし、サンマを焼く煙だってリスクはあるはずだ。交通量の多い通りを歩いていると、排ガス規制が行われているとはいっても、やはり排気ガス臭にむせてしまう。
 タバコは厳しい制約を受け、パッケージにデカデカと警告を表示させているのに、自動車にはなにもしないのは不公平ではないか?

 自動車のボディに、
「この排気ガスは、あなたの肺がんリスクを高めます」
 と、書かなくちゃいけない(^_^)。

 そのことを知らされずに排気ガスを吸わされるのは、受動喫煙と同じじゃないか?
 まぁ、半分冗談ではあるが、タバコには厳しく、排気ガスにはやさしいようだ。

 前にも書いたことではあるが、タバコのリスクを厳しく言うのに比べて、飲酒についてのリスク評価はかなり甘い
 以下、まとめサイトから。
 
ホントはヤバイ飲酒アルコールの悪影響まとめ - NAVER まとめ
"飲酒により生成されるアセトアルデヒドは極めて毒性が強い"

出典:お酒に強い人、弱い人 アルコール代謝の個人差 酒は、なによりも、適量です。 サントリー

アルコールが体内に入ると、まずアセトアルデヒドに分解されますが、この物質は極めて毒性が強く、顔面の紅潮、頭痛、吐き気、頻脈などの不快な症状を引き起こします。


"日本人の約半数はアセトアルデヒド分解能力が弱い"

出典:KIRIN_CSR・環境活動_知る・楽しむお酒と健康_飲酒の基礎知識_日本人の約半分はお酒に弱い!?

ALDH(アルデヒド脱水素酵素)にはアセトアルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があります。日本人の約半数は、生まれつき「ALDH2」の活性が弱いか欠けています。


"アセトアルデヒドには発がん性がある"

出典:アセトアルデヒド - Wikipedia

アルコール飲料の摂取によって体内で生じるアセトアルデヒドには発がん性がある。
建築材から放出されるアセトアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質のひとつとして問題視されている。アセトアルデヒドはたばこの煙にも含まれている。


"飲酒はがんの原因となる"

出典:酒 - Wikipedia

WHO(世界保健機関)では、飲酒は口腔癌・咽頭癌・喉頭癌・食道癌・肝癌・大腸癌と女性の乳癌の原因となる[8]として注意喚起を行っている。飲酒は喫煙と同じく深刻な健康被害をもたらすため、多くの人々に問題を知らせ、極めて有害であるアルコールの真実を効果的に伝える必要があるとし呼びかけを行っている。


◆適量を飲んだほうが健康に良いとは言えない◆


適量のお酒を飲む人の方が、飲まない人より死亡率が低い統計結果も存在するが…

"お酒を飲まない人のグループの中に昔は飲んでいたけれども健康を害して止めた人や、もともと身体が悪くて飲めない人などが含まれている。"

出典:飲酒とがん死亡率との関係について:たばこの影響 | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部

今回の調査では、ときどき飲む人よりも、飲まない人の方が、がん死亡率が高くなっていました。 この結果は、ときどき飲むことががんの予防につながったためという可能性もあります。けれども、より可能性が高いのは、お酒を飲まない人のグループの中に、昔は飲んでいたけれども健康を害して止めた人や、もともと身体が悪 くて飲めない人などが含まれているからだと思われます。


"米誌「New York Times」の記事によると、これまでの様々な研究において、適量飲酒と死亡リスクに因果関係があることを証明したものは存在しない"

出典:「適量飲酒=長寿の源」はウソ? - ライブドアニュース


◆アルコールの悪影響〜依存性◆

"アルコールは、麻薬、覚せい剤、タバコ、睡眠薬などと同じく、依存性のある薬物の一種"

出典:アルコールと依存|e-ヘルスネット[情報提供]


"アメリカ国立薬物乱用研究所の評価によるとアルコールによる切望感はニコチンを超え、禁断性、陶酔性はヘロイン、コカインを越える"

出典:ニコチン依存症 - Wikipedia


◆アルコールの悪影響〜脳の萎縮◆

"飲酒量が増えるほど脳が萎縮する"

出典:アルコールと認知症|e-ヘルスネット[情報提供]

最近の調査によれば、飲酒量と脳萎縮の程度には正の相関が見られることが報告されています。すなわち、飲酒量が増えるほど脳が萎縮するということです。一方、飲酒による脳萎縮は断酒することによって改善することも知られています。萎縮以外の影響としては、アルコールが加齢による記憶、学習低下を促進することが動物実験では証明されています。


あなたの飲酒 大丈夫? - NHK クローズアップ現代

アルコール依存症の人の脳は前頭葉が萎縮した分黒い隙間が見えています。前頭葉は酒を飲みたいという欲求を抑制する機能があります。しかし、アルコール依存症になると飲みたいという欲求が大きくなるにもかかわらず前頭葉の脳細胞の一部が破壊されて欲求を抑制できなくなる。


◆アルコールの悪影響〜自殺リスクが高まる◆

"飲酒量が増加することで自殺リスクが高まる"
出典:飲酒と自殺リスクとの関連について | 社会医学講座公衆衛生学分野

多量飲酒者(1日当たり日本酒換算で2合以上)の自殺リスクは、非現在飲酒者(非飲酒者+過去飲酒者)と比べて3.3倍高く なりました。さらに、1日1合未満の少量飲酒者においても自殺リスクが1.7倍と高いリスクが示されました。また、飲酒量が増すにつれ、自殺のリスクが直 線的に高くなりました。


◆アルコールの悪影響〜肥満のリクス◆

"アルコールの分解の過程で中性脂肪の合成を促進させる酵素を発生させてしまう"
出典:アルコールで中性脂肪が増える?

そのため肝臓での中性脂肪の合成が進み、肝臓での中性脂肪が増えるのです。また、アルコールを摂取すると、肝臓で中性脂肪が合成されるのですが、その中性脂肪の合成のピークはアルコールを摂取してから12時間後です。さらに中性脂肪が肝臓から運び去られるまでには12時間かかります。毎日アルコールを摂取していると、肝臓が中性脂肪を処理しきれなくなり、中性脂肪が肝臓にたまってしまうのです。


"アルコールは筋肉の成長を阻害する"
出典:お酒(アルコール)と筋トレの関係 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

筋肉を成長させ、大きくするホルモンにテストステロンというものがあります。
これはいわゆる男性ホルモンなのですが、アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が下がってしまうんです。またアルコールを飲むとコルチゾル(コルチゾン)という物質の分泌量が増えますが、このコルチゾルには筋肉を分解する働きがあります。
大量に飲酒した場合、タンパク質を合成する力が40%以上も低下するというデータもあるので、飲みすぎれば深刻な影響が出ると考えられます。


◆アルコールの悪影響〜社会的影響◆

"飲酒は貧困問題の原因となっている"

出典:酒 - Wikipedia

飲酒と貧困 には、世界の貧困問題と不可分である。世界的に、学歴が低く、低所得、失業中などの人において飲酒率が高いことが多数の統計的研究によって裏付けられている。複数の研究では、貧しい国の中には家計の約18%が飲酒に費やされていることもあると指摘されている。そのため、少ない所得から食費・健康管理費・教育費などがさらに削られ、栄養不良・医療費増大・早死・識字率低下をもたらし、社会階層の固定化に影響している(WHOによる)


"アルコールの飲み過ぎによる社会的損失は年間4兆1483億円に達する"

出典:アルコール関連問題を正しく理解しよう | アル法ネット(アルコール関連問題基本法推進ネット)

アルコールの飲み過ぎによる社会的損失は年間4兆1483億円に達する、という厚生労働省研究班の推計がある。 2008年のデータを基にした推計で、内訳は、肝臓病・脳卒中・がんなど飲み過ぎによる病気やけがの治療に1兆226億円。 病気や死亡による労働損失と、生産性の低下などの雇用損失を合わせて3兆947億円。 自動車事故・犯罪・社会保障などに約283億円。

 ……飲酒のリスクはだまだあるが、これだけあってもタバコに対する嫌煙・禁煙運動のような、嫌酒・禁酒運動は起こらないのだ。
 不思議というか、ご都合主義だよね。

 飲酒運転による悲惨な交通事故は、たびたび起きている。「二度とこんな事故が起こらないように……」と定型句のようにいわれるが、事故は繰り返される。
 だが、それでも嫌酒・禁酒運動は起こらない。
 なぜか?

 酒は、必要悪と考えられているように思う。
 害はあるが、なくなると困る人がたくさんいる。酒を禁止すると、かつてのアメリカの禁酒法時代のようなことになってしまうかもしれない。
 経済のかなりの部分は、酒なしには成り立たなくなっている事情もある。

▼缶ビールにも、タバコ同様の注意書きを入れると、こんな感じ。
缶ビール

 インパクトとしては、タバコよりも強烈かな。
 冗談抜きに、こういう注意書きは必要な気がするのだが……。


ウナギの擬人化キャラ「UNAKO(うな子)」…短命に終わる

 なんでも擬人化すればいいってもんじゃない。
 ……というのが、この動画の教訓かな。

全文表示 | 水着少女をプールで飼育... 志布志市「うなぎ養殖」擬人動画が波紋 : J-CASTニュース
「普通にホラー」「どんな発想だ」――1本の動画が今、ネットを中心に波紋を呼んでいる。

鹿児島県志布志市が2016年9月21日、YouTubeで公開した動画「UNAKO(うな子)」だ。ふるさと納税のPRのため、市の主要産業「うなぎ養殖」を擬人化したのだが――。

 問題の動画の公式は、すでに削除されているが、コピーされたものがまだ残っている。



 このコピーもいずれ削除されるかも。

 この動画が問題なのは、自治体の広報として作ったことだろう。
 個人が作品として作ったのだったら、「面白い」という話で終わったようにも思う。
 擬人化すること自体はありふれた手法だし、安易ではある。しかも、少女というのが、ウケ狙いなのは明白。ウケを狙ってはみたものの、好意的にはウケなかったというオチ。
 制作側の考えが浅はかだったわけだ。

 食べものをリアルに擬人化するのは、対象がなんであれ問題になるような気がする。
 たとえば、豚、牛、鶏などを少女で擬人化したとする。
 「大切に育てています」……と、ナレーションしたところで、最後には屠殺して食卓のテーブルの上がることになる。
 擬人化した牛の少女の笑顔のあとに、ステーキとなった肉が登場したら、あまり気持ちのいいものではない。

「ああ、殺されて、切り刻まれて、肉になったのね」

 ステーキ肉には、そういうドラマがあるんだ……というリアルを実感させるにはいいかもしれないが、美味しさをアピールすることにはならないなー。

 養殖ウナギの大半はオスだそうで、じゃ、少年だったらよかったのか?……というと、不気味さはあっても、少女の場合ほどには叩かれなかったかもしれない。
 つまりは、「少女」に擬人化したことで、制作側のスケベ根性がにじみ出ているとも解釈できる(^_^)。

 いろいろなものを擬人化するのが、ひとつのブームにもなっていて、ときに炎上する。
 その擬人化の大半が、女性であり少女になっている。
 たぶん、制作を主導しているのが男性ばかりで、女の子にすればウケると勘違いしているのだと思う。

 それと、「UNAKO」を演じた少女が可愛らしかったのも、批判が増した一因だろう。
 そういう意味では、見た人たちの心に響いたともいえる。
 逆方向に響いてしまったのだが……。

ヤマト運輸のPV『ネコふんじゃった』は傑作

 思わず見入って、聞き入ってしまった企業CM。
 ヤマト運輸の新作動画は傑作だね(^_^)

ヤマト運輸、宅急便40周年で新たな「ネコ動画」を公開 #宣伝会議 | AdverTimes(アドタイ)
今年1月、ヤマト運輸の「宅急便」は40周年という節目を迎えた。これを記念して、周年記念サイトおよびヤマト運輸公式YouTubeでミュージックビデオ「NEKO FUNJATTA | Dancing Black Cats」を公開した。

原宿キャットストリートや魚市場といった、ネコにまつわる場所での撮影も敢行するなど芸が細かい。
ヤマト運輸は、昨年3月の新サービスプロモーションを皮切りに、リアルなクロネコを起用した交通広告やWebムービーを継続的に展開し、注目を集めてきた。

その最新作とも言える今回の動画は、そうしたこれまでの“クロネコ広告”とは少々趣向が異なる。おなじみのクロネコに加え、ネコの被り物を身につけたダンサー、ネコ耳をつけたセクシーな女性たちと、バラエティに富んだ「ネコ」が登場。ネオンが瞬く中、ダンスミュージック調にアレンジされた『ネコふんじゃった』に合わせて、リズミカルなダンスを繰り広げる。



 面白い、楽しい、かわいい、音楽もいい、ダンスもいい!

 最近、CMやPRの枠を超えた、エンターテインメントな企業動画が増えてきた。
 ネットの動画配信だからできることだね。テレビCMでは、放送するだけでもコストがかかるから、こういう長尺の動画はなかなか流せない。

 妻がPCでこの動画を再生していて、私も思わず見入ってしまった。
 猫好きだから目に留まったのではなく、音楽に引かれた。

 なにこれ?
 いいじゃん!

 「猫ふんじゃった」のリピートだが、歌詞というかラップというか、その1節だけでここまでハイテンションな音楽を作るなんて、すごいぞ。
 この曲を作った「Tomggg/とむぐぐぐ」って何者なんだ?
 知らなかったが、今後は注目したい。

 このヤマト運輸の動画は、CMというよりはPVだね。
 企業の広報の仕方も、時代が変わったということかな。
 以前、ソフトバンクが白犬のドラマ形式ロングバージョンを流したことはあったが、そういうのは例外的なものだった。そのロングバージョンは録画で残してあったりする。
 auの三太郎シリーズも息の長い連作CMになっているが、ドラマ仕立ては最近の流行でもあるのだろう。

 Amazonの犬が出てくるCMもいいね。このCMは今でもときどき流れていてロングランになっている。



 このCMにはロングバージョンがある。



 いゃ〜、何度見ても、うるっ……と来てしまう(^_^)b
 犬の表情が切ないんだよね。勝手に感情移入しているだけではあるのだが、いいシーンを撮っている。

 心に響くCMというかPVは、企業イメージの好感度を上げると思う。
 もっと面白ものを見せて欲しい。

『エアインタビュー疑惑』という疑惑

 サッカーのインタビュー記事を巡って、その真偽についてなにやら論戦が繰り広げられている。
 発端は、Yahoo!の特集として、大々的に掲載された以下の記事。

サッカー専門誌「エア取材」横行か――作家の検証と告発 - Yahoo!ニュース
日本のサッカー専門誌で、「エアインタビュー」記事が横行していると、告発している人がいる。世界的な有名選手や監督への取材を実際はしていないのに、あたかも取材したかのように仕立てているとみられる記事が複数確認できると、ノンフィクション作家の田崎健太氏は言う。疑惑の中身や背景について、田崎氏に寄稿してもらった。(Yahoo!ニュース編集部)

 これについての反論記事が以下。

『エアインタビュー疑惑』という捏造記事について(岩本義弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
『フットボール批評』(株式会社カンゼン発行)及び『Yahoo!ニュース』の原稿にて、ノンフィクション作家の田崎健太氏が指摘している『ワールドサッカーキング』(株式会社フロムワン発行)の選手インタビュー記事における「エアインタビュー疑惑」についてであるが、まずはこの場を借りて、改めて全くの事実無根であると断言させてもらう。

 どちらも長い記事なので、イントロ部分だけの引用に。Yahoo!記事はあまり長期間掲載はしないので、読めるのは今だけ。数か月後には読めなくなっているかも。

 両方の記事を読んで、どっちもどっちという印象。
 ポイントは2つ。

(1)どちらもインタビューの当事者ではないので、間接的な確認しかできていない。
(2)インタビューされた選手本人の証言がない。


 つまり、両者の言い分には、事実確認に対して、根拠が希薄なのだ。
 雑誌記事というか文章記事の真偽の確認が難しいのは、記者が記事を書き起こすことで、フィルターがかかってしまい客観的ではなくなってしまうことだ。
 選手の話を聞いた記者が、「解釈」したことを文字として起こす。録音はしているかもしれないが、記事として表現するのは記者の文章力なので、そこでバイアスはかかってしまう。インタビューしたのは事実だとしても、選手が言いたかったことが正確に文章化されている保証はない。

 その日、その時、インタビューは実際にあったのかどうかは、当事者にしかわからない。
 田崎氏も岩本氏も、その場にいたわけではないので、インタビューした記者の証言を信用するしかない。
 一番確実なのは選手本人に確認を取ることだが、それが簡単にはできないことが疑惑の発生要因になっている。

「オレ、そんなこといってねぇよ」
 というのか、
「ああ、そんなこともいったね」
 というのか、真実を知っているのは選手本人だろう。

 スポーツ紙でよくある表現として、「関係者によると……」という情報源。
 じつに曖昧なソースの明示だが、憶測で記事を書くときの常套手段でもある。関係者というのはかなり広範囲なくくりだ。スタジアムで警備のアルバイトをしている人だって、関係者に入ってしまう。そんな関係者が、又聞きの伝聞情報を「○○○○○みたいっすよ」といえば、「関係者によると……」という情報になってしまう。
 こういう書き方で記事にされ、選手本人が「そんなこといってない」と否定することがある。

 インタビューの信憑性を確実にするには、テレビカメラの前で選手本人が語ることだけかもしれない。
 記者のバイアスがかかった、間接的な文章記事は、多かれ少なかれ事実からは乖離する。文字にすると、微妙なニュアンスが変わってしまうからだ。
 たとえば……

(A)「知らないね」
(B)「知らねぇよ!」

 ……と、書くのでは、かなり印象は変わる。そこにどういう感情が込められていたかは、生の声を聞かない限りわからない。

 疑惑なのか捏造なのか?
 それを確かめるには、選手本人に聞くしかない。
 当事者ではない記者同士が論戦しても、なにも確かなことはわからない。

Jリーグの得点王は代表で通用するか?

 ワールドカップのアジア最終予選……。
 UAEに負けるという最悪の出だしだった。
 審判の誤審というかUAE寄りの判定は、いろいろと言われているが、それを抜きにしてもシュート数に対する得点率が低すぎるのも事実。
 それは「決定力のなさ」といわれる。
 タイ戦はかろうじて勝てたが、シュート成功率は依然として低い。

 長年の課題でもある「決定力不足」を、改善するにはどうしたらいいのか?
 そこで毎度いわれるのが、「Jリーグ得点王の大久保をなぜ使わない」というフレーズ。

こじらせた「決定力」。本田、香川は"犯人"なのか。(小宮良之) - 個人 - Yahoo!ニュース
ロシアW杯アジア最終予選が幕を開けた。日本は攻め立てながら、思うように得点が奪えていない。清武弘嗣、本田圭佑、香川真司らが空振りしたことが大きな話題になった。シュートは打っても枠に入らず、もしくはGKの正面でブロックされてしまう。

「決定力不足」

言い古されてきたフレーズが、またしても浮かび上がる。

では、日本サッカーにはストライカーがいないのか?

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、Jリーグで最も得点を取っている大久保嘉人、豊田陽平の二人を招集していない。それどころか、プレミアリーグ王者レスター・シティのFWである岡崎慎司をタイ戦では外している。つまり、コンスタントに得点を叩きだしているFWを、使っていない、もしくは使い切れていない。

「ストライカー受難」

それが清武、本田、香川の身に災難として降り注ぎ、決定力不足という結論に達しているとすれば――。

 大久保待望論は幾度となくいわれてきた。
 「Jリーグ得点王だから」がその理由だが、問題はJリーグ得点王が代表で、世界を相手に通用するのか?……ということ。
 Jリーグの中では、たしかに大久保は結果を出している。しかし、それは「Jリーグのレベルだから」という注釈付きだろう。大久保が代表チームに入って、FWとしてガンガン点を決めてくれればいいのだが、私はそういうシーンをイメージできない。

 ブラジルW杯のときは、最終的に代表に選ばれたが、出場した試合では無得点で終わった。使い方が悪かったという見方もできるが、コロンビア戦で決定機を決められなかったのは強い印象として残った。
 百発百中のストライカーなどはいない。メッシやC・ロナウドでも、外すことはある。それでも成功率が他の選手より高いから、決定力のある選手として評価されている。

 大久保は、かつて海外にチャレンジしたこともあったが、凡庸な成績に終わった。スペインやドイツのサッカーに適応できなかったのだろうし、言葉の問題もあり海外での生活はなにかと大変なのはわかる。
 AFCチャンピオンズリーグ2014に川崎フロンターレが出場したときは、1点を取っただけで不発だった。Jリーグ得点王の大久保がビシバシ決めていれば……という、たらればの話に終わった。
 勝手な推測だが、大久保は海外勢に対して苦手意識があるのでは?……と思ってしまう。

 仮に現在の大久保がスペインに再挑戦したとして、得点王争いでメッシやC・ロナウドと対等に渡りあえるかというと……残念ながら、そうはならないだろうと誰もが思うだろう。
 つまり、レベルが違いすぎる。
 世界に通用するストライカーであるなら、Jリーグに甘んじることなく、海外チームからオファーが殺到しているはずだ。そうならないのは、世界レベルでは凡庸だと評価されているのではないか。
 年齢的なことは別にして、レギュラーとして定着できるかどうかも怪しい。逆にいえば、Jリーグのレベルが低いということだ。そのレベルの中での得点王に、あまり大きなポテンシャルは望めない。

 それよりも気になるのは、香川が代表に来ると調子を落としてしまうことだ。
 10番を背負っていることの重みなのか、周囲との連携がうまくいかないのか、代表での香川はなかなか輝けない。
 良くも悪くも、現在の代表チームは香川の調子しだいな気がする。香川が得点すると、チームの雰囲気が俄然良くなる。今後の戦いで、浮沈を左右するのは、香川がいかに得点するかだと思う。
 それゆえ、香川へのプレッシャーが強くなるのだろう。

 「最終予選の初戦で負けると、W杯出場はない」とのジンクスを、なんとか破って欲しい。
 そして、私たちの気持ちをロシアに連れて行ってくれ!
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
諌山宛のメッセージ
ブログ内検索
Google


WWW を検索
blog.isayama.info を検索
Amazonで検索
Recent Comments
Archives(過去記事)
@Yutaka_Isayama
諌山裕の電子ブック
デビルライン〈SF短編集〉
諌山 裕

サイバーガール
諌山 裕

エターナル・ラヴ
諌山 裕

メタル/ハードロック
Amazon〜SF関係アイテム
アニメ関係
カメラ関係
PCソフト関係
楽天市場